Introduction

全編エチュードで構築された奇跡の123分

 まったく台本のない映画。

原案は20年前に遡り、すでに同タイトルであった一枚のプロット。

「兄を失った妹が、兄の8mmカメラで映画作りに奔走する」というストーリー。


 この「軽やかに地平を狙え!」は、ハリウッド、タイ、香港、中国、韓国との共同作品を含め、70本を超える商業映画をスタッフとして支えてきた、瀬戸慎吾監督の初長編作品となる。

 映画の撮影に先立つこと15年前、瀬戸監督自ら8mmフィルムカメラを手に、カンボジア単独ロケを敢行。地雷原のドキュメント撮影を行った。いつか映画化する、その中で使用されるフィルムとして。

 そして2015年、静岡県伊豆市土肥に初めて訪れた縁で、旧小学校の校庭に立つメタセコイアの木にツリーハウスを建設。海と山に囲まれた夏のその地を舞台に、日本映画界の実力スタッフ・キャストが集結し、本作は誕生した。

 撮影は「ラヂオの時間」「高校教師」「デスノートthe last name」 など、日本の撮影監督システムの牽引者であり、デジタル撮影の第一人者でもある高間賢治。

 出演に、数々のCM出演と舞台で活躍する浅野千鶴がヒロイン瞳を演じ、淡い恋の相手となる郵便局員 正を安木一之、亡くなった兄を「テルマエ・ロマエ」など多くの作品に出演する宍戸 開、瞳を応援する市役所職員役として「カンブリア宮殿」のナレーションなどでも活躍する高川裕也、瞳の母として、惜しまれつつも2016年に急逝した、歌手であり女優のりりィが出演。また主題歌「あなたのLegend」も描き下ろし、Lily+Yoji with Crewとして、本作に深い印象を残している。