コメント集

吉本ばなな 小林政広 長崎俊一 佐々部 清 中江裕司 韓 英恵 板尾創路 モロ師岡 (敬称略)

吉本ばなな (小説家)

出演者のみなさんがどんどんいい顔になってゆくところも、この世で土肥にしか流れていない
あの甘い空気をしっかり捉えているところも、なんとも!愛おしい映画です。

小林政広 (映画監督)

豪腕のピッチャーが、全力投球で、9回まで投げきったような爽快感だった。
脚本なしで取り組んだことが、この映画を先の読めない、唯一、 一本の映画にしている。

長崎俊一 (映画監督)

この作品は、終盤、表現としか呼びようのない何かに変わる。
それは、瀬戸さんの言いたいことや、伝えたいこととは、違う何かの気がする。
それを感じた時、ちょっと凄いなと思った。

佐々部 清 (映画監督)

映画を巡るファンタジー。アマチュアとプロの混ざり具合が面白い。ドキュメントのような不思議な感覚が魅力と欠点の合わせ鏡。主演の女優さんの存在感がなんとも心地よい。作り手側の楽しさが伝わってくる愛おしい作品だ。

中江裕司 (映画監督)

生者は死者によって生かされ続けている。
生者は死者を弔うために生きているのかもしれぬ。
死者が残した物に、残された者は永久に囚われる。

逃れる術は変。

映画はやはり愛しか映らないのだ。

板尾創路 (俳優・映画監督)

近年の映画なのに70年代の邦画と錯覚するような、落ち着いたリアリズムが私は大好きです!

ラスト近くの主人公の笑顔がとても素敵で、この作品を観れたご縁に感謝です。瀬戸監督の映画がもっと観たいです!

韓 英恵 (女優)

まさか土肥での撮影なんて!
落ち込んだ時、思い出を探しに伊豆へ行くことがありますが、もしこれから帰りたくなったら、この映画を見て、その画面に映る風景と自分の思い出とを重ねてみようと思います。 

モロ師岡 (コメディアン・俳優)

「軽やかに地平を狙え!」観させて頂きました。号泣です。感動です。

兄弟愛、郷土愛、映画愛、 人間愛、全て詰まってました。

もっと沢山の人 に観て欲しいです。瀬戸監督、素晴らしい作品、 有難うございます!